愛媛県松山市千舟町 コーヒースタンド ソラシト

MARUです。オススメ愛媛スポットをご紹介。
松山のそらしと珈琲の2号店が2/1に千舟町にOPEN。
モーニングが8:00-11:00。キッシュプレートやフレンチトーストのメニューもあるそうです。
ドリンクは全てテイクアウト可能で、そらしと珈琲で食べれるケーキがショーケースに並んでいます。
そらしと珈琲に行ったことのある方はわかると思いますが、店内のインテリア、雰囲気がとても素敵だそうで。
実は私はまだ行けてないので、近々行こうと思っています。
愛媛県松山市千舟町 コーヒースタンド ソラシト_d0337795_09532805.jpg

■愛媛県松山市千舟町4−1−1  □8:00−19:00  ■定休日  木曜日


# by fct-nhm | 2022-05-31 09:57 | 愛媛スポット | Comments(0)

フランス ジュルデ社のインダストリアルな照明

スタイリストのAKARIです。

2022/6/16日よりlokkiがリニューアルOPENいたします‼︎

その店内の中から待合にあるジュルデ社のランプを紹介したいと思います。

フランス ジュルデ社のインダストリアルな照明_d0337795_09125409.jpeg

このランプは1950年代フランスで作業用ランプとして誕生。その当時、作業用のランプが断線しやすい事に着眼し、アームをいろんな角度に動かしても断線しにくいランプを開発したそうです。創業当時より、1つ1つ手作業で作られていています。

種類はさまざで、デスク式、クランプ式、ジグザグ式などがあります。

現行品は東京恵比寿パシフィックファニチャーサービスで購入できますが、この画像のモノは1970sのビンテージモノ。

ジグザグ式のモノで自由自在に調整が可能、そしてなんともいえない無骨さがいいですね。

シンプルなデザインでとっても素敵です。lokkiへご来店の際は是非ご覧になってみてみて下さいね^ ^


lokki 営業時間

月火水木9:00-17:15

金12:00-22:00

9:00-19:00

日曜日.祝日は定休日となります。 792-0024 新居浜市宮西町5-2 1F




# by fct-nhm | 2022-05-25 09:10 | サロンノイロイロ | Comments(0)

高知県須崎市 LOGOS PARK

neroliスタイリストのRYOKOです。
家族でキャンプを始めて1年半。まだまだ初心者ですが、子供達と一緒に自然を楽しんでます♪
今はまだ県内でも近場しか行ったことないですが、気になっているところ「LOGOS PARK」をご紹介。
高知県須崎市にオープンしたLOGOS PARK。その名の通り、アウトドアブランド LOGOS とのコラボレーションで誕生しました。
合言葉は「外で、食べて、遊んで、泊まる」。
キャンプスペースだけでなく、子供たちが思いっきり遊べる遊具や、絶景のロケーションで体験できる様々なアウトドアアクティビティがあります。
キャンプをしなくても、遊びにいくだけでもおもしろそうですよね♪









# by fct-nhm | 2022-05-20 10:00 | スポット | Comments(0)

「燃えよ」 藤井風 

neroliスタイリストのRISAです。
今や誰もが彼の才能を認めるといっても過言ではない日本のシンガーソングライター藤井風。
3歳頃から、ピアノを習いジャズから歌謡曲など、あらゆる音楽を聴いて育つ。
父の勧めで、実家の喫茶店で撮影した演奏を12歳頃からYouTubeへアップするようになり多方面への活躍が反響を呼び
そのままメジャーデビュー。今注目の現在24歳の藤井風に注目です。

センスの溢れるモダンサウンド、自身が演奏するピアノの表現力が良い!

「燃えよ」 藤井風 _d0337795_09370104.jpg



「燃えよ」燃えよ、もうええよ、
岡山弁への親近感。




# by fct-nhm | 2022-05-14 09:16 | MUSIC | Comments(0)

映画 「彼らが本気で編むときは、」

LILOスタイリストのMAINAです。
今回オススメする映画は「彼らが本気で編むときは、」


映画 「彼らが本気で編むときは、」_d0337795_09205559.jpg
監督を務めたのは「かもめ食堂」や「めがね」といった作品で有名な萩上直子さん。
最近ではだいぶ馴染みになってきた「トランスジェンダー」という言葉、まだまだ理解は薄いのが現状だと思います。
主役は生田斗真さん、彼が演じたリンコという人物は生まれた時は男性、でも心は女性、身体も女性になってもそこに見え隠れする少し男性を感じさせるような所がリアルに表現されています。
血の繋がりのないパートナーの姪と生活していくうちに色々な感情が生まれてくるこの話は、トランスジェンダーについて考える以上に親子の関係も考えさせてくれる映画でした。

また、重いテーマでありながらユーモアがたくさん詰まっている所に監督自身の柔らかさを感じます。
是非オススメします♩




# by fct-nhm | 2022-05-10 11:32 | MOVIE | Comments(0)