<   2019年 09月 ( 8 )   > この月の画像一覧

ロング編み下ろしアレンジ

LILI店長のMARUです。
ロングのヘアアレンジの定番の編み下ろしスタイル。
デザインは無限にあります。
毛先まで編み込みをせず、ポンポンを作ってあげて少しカジュアルに。
ロング編み下ろしアレンジ_d0337795_21324225.jpeg
結婚式や、パーティーヘアだけじゃなく、普段のアレンジにも。










by fct-nhm | 2019-09-30 21:30 | ヘアスタイル | Comments(0)

日暮別邸

neroliアシスタントMIURAです。
知っている方も多いかもしれませんが、昨年、四阪島(今治市)にあった日暮別邸が、
新居浜市王子町に移築され「日暮別邸記念館」となり一般公開される様になりました。
日暮別邸_d0337795_12034189.jpeg
別邸から少し登ったところには展望台があります。
日暮別邸_d0337795_12044051.jpeg
下の駐車場から一番上の展望台まで坂道が少し大変ですが、歴史に興味がある方には必見です。
是非行ってみてください。









by fct-nhm | 2019-09-29 18:51 | 新居浜スポット | Comments(0)

鉄道歴史パークinSAIJO

neroliスタイリストRISAです。愛媛県西条市駅近の名所といえば鉄道歴史パークです。自然と歴史と文化を学ぶ場として市民にしたしまれています。特にオススメなのが、四国鉄道文化館 南館。


鉄道歴史パークinSAIJO_d0337795_11060423.jpg


鉄道資料館 車両展示場 屋外展示場からなりキッズルームも完備されています。


鉄道歴史パークinSAIJO_d0337795_11085250.jpg
運転手気分を味わえたり


鉄道歴史パークinSAIJO_d0337795_11100713.jpg
時間帯によって可動するジオラマが魅力的です。


鉄道歴史パークinSAIJO_d0337795_11112434.jpg
ほっこりできる隠れキャラも多数、親子で楽しめるスポットです!


愛媛県西条市大町798-1
営業時間  9:00~18:00
定休日   水曜日
入館料   大人・高校生:300円
      小・中学生:100円














by fct-nhm | 2019-09-25 19:31 | 愛媛スポット | Comments(0)

くびれショートボブ

neroliスタイリストMAIです。LILOスタッフAKARIのヘアチェンジを担当しました。
ウェイトが下がり重たくなっていたのでくびれをつけメリハリのあるショートボブに。

くびれショートボブ_d0337795_19234961.jpg



襟足のバランスで首が長くすっきりみえてきます。
カラーも夏の紫外線により黄色くなっているところを抑え艶のあるアッシュブラウンで秋カラー。
秋スタイルは艶がポイントです!ダメージが気になる方はヘアエステもおすすめ。ご相談ください。
















by fct-nhm | 2019-09-25 19:28 | staffhairbeforeafter | Comments(0)

Rimout ティーカップ

今回はLITHIUM...で、カラーやパーマの待ち時間にお出しするドリンクサービスのティーカップ『Rimout』(リモウト)を紹介します。
Rimout  ティーカップ_d0337795_19495485.jpg




毎日使うものにはこだわりたい。でも子供っぽいものや過度な装飾はちょっと。ナチュラルで飾らない、だけど品質には妥協しない。
国籍や流行で選ぶのではなく、自分の価値観で気に入ったものを使って生活を楽しむ。
そんな方の為のブランドがRimout です。
[ rim ] = プレートのふち  [ out ] = そと側 という意味だそうです。

LITHIUM...で使用している物は取っ手の部分が猫の尻尾のように立ち上がっていてとても持ちやすいです!
ナチュラルで飾らない、だけど品質には妥協しないというところがFACTORYの考え方に似ているなと思いました。
FACTORYでは私の知らないこだわりのある物が沢山あり、いろいろと勉強しながらお客様にもお話ししていきたいと思います。















by fct-nhm | 2019-09-20 19:51 | サロンノイロイロ | Comments(0)

石川県金沢市 「金沢21世紀美術館」

LILOのYUKAです。
9月も半ば、まだ暑いですね、はやく秋めいてほしいものです。秋といえば、芸術の秋!ということで、美術館の紹介です。

2004年10月にオープンした、石川県金沢市の中心部にある、白いく丸い建物、通称「まるびぃ」「21美」とも呼ばれる、現代アートの美術館。現代アートというと、少し小難しいものを想像する人もいるかもしれませんが、この美術館は「まちに開かれた公園のような美術館」が建築コンセプトらしく、丸い建物を取り囲むように広がる広い芝生や樹々もたくさん植えられていて、屋外で子供達が遊んでいたり、横になってくつろいている人がいたり、とても気持ちいい空間でした。

美術館は無料で鑑賞できるエリアも多く、屋外のオブジェやアートはもちろん、屋内にも無料で楽しめる交流ゾーンなどがあり、気軽にアートに触れる事ができます。有料の展覧会ゾーンも見応えありです。



石川県金沢市 「金沢21世紀美術館」_d0337795_14472663.jpg

石川県金沢市 「金沢21世紀美術館」_d0337795_14485261.jpg



なかでも人気作品が、レアンドロ・エルリッヒの「スイミングプール」。
どうなっているのか実物を見てほしい面白い作品です。
石川県金沢市 「金沢21世紀美術館」_d0337795_14475268.jpg



香川県の直島にも作品がある、ジェームズ・タレルの「ブルー・プラネット・スカイ」。
天井の切り取られた空自体が作品となってます。この空間すきでした。
石川県金沢市 「金沢21世紀美術館」_d0337795_14481148.jpg




オラファー・エリアソン作の「カラーアクティヴィティハウス」。三原色のガラスを組み合わせた家。3色の半円ガラスが重なっている作品。中に向かって歩くと重なった色の見え方や、人や景色が染まって見えて綺麗でした。
石川県金沢市 「金沢21世紀美術館」_d0337795_14474108.jpg



無機質なシルバーチェアの「ドロップ」SANAA作。この美術館を設計した建築家の作品です。
石川県金沢市 「金沢21世紀美術館」_d0337795_14471505.jpg





21世紀美術館には本当にたくさんのイスがありました。屋内にはかわいい「ラビットチェア」もありました。美術館がほぼ全面ガラスばりなので光の入り方がとても綺麗です。
石川県金沢市 「金沢21世紀美術館」_d0337795_14483810.jpg


石川県金沢市 「金沢21世紀美術館」_d0337795_14482426.jpg

金沢は、兼六園や金沢城など、歴史と文化の街として城下町情緒あふれる街並みも素敵だったので、歴史ある風情を楽しみつつ、さらに現代アートに触れるのもいいかなと思います。機会があれば是非行ってみて下さい。  


















by fct-nhm | 2019-09-13 15:36 | スポット | Comments(0)

RADWIMPS

neroliアシスタントのHARUKAです。

誰もが知っているはず、、
日本の4人組ロックバンドRADWIMPS
RADWIMPS_d0337795_20341643.jpg

バンド名は、「すごい」「強い」という意味「rad」と「弱虫」「意地地なし」という意味の「wimpを組み合わせて「かっこいい弱虫」「見事な意地地なし」という意味があるそうです。

私は「なんでもないや」という曲が一番好きです。
「もう少しだけでいい」という歌詞の部分が何回か続く所に色んな思いが込められていてとても聞き入ってしまうからです。

今ではあの人気映画「君の名は」「天気の子」の主題歌にもなっています。
何と言ってもグッとくる歌詞。

ぜひ、映画を見る方は歌詞にも注目して見てみてください。


                  


















by fct-nhm | 2019-09-09 20:36 | MUSIC | Comments(0)

移り行く時代に残したいアニメーション映画「この世界の片隅に」

LITHIUMアシスタント、SENBAです。
今回ご紹介する映画は「この 世界の 片隅に」というアニメーション映画です。

日本で2016年に上映されてから、世界でも次々と上映されている事もあり、
既に、TVや映画館で見られた方も沢山いらっしゃると思います。

昭和19年(1944年)日本が戦争真っ只中にあった頃のお話です。

広島県呉に18歳で嫁いだ『すず』と夫『周作』がその家族に囲まれて、新たな生活を初める物語です。
戦況が悪化し、困難を極めるがすずは工夫を重ね日々の暮らしを紡いでいきます。

戦争が劇化していくうちに、大切なモノを失い、見失いそうになりながらも懸命に生きていく、すずや周りの人達を画いています。

今作には、心を打たれ、深く考えることができ、家族や友人達ともこの映画について話をしました。

原作には、まだまだ魅力的なエピソードがあり、すずさんだけではない「さらにいくつもの人生」を描き足した映画が、
今冬2019年12月に公開されます。

大切な方とご覧なってはいかがでしょうか。
移り行く時代に残したいアニメーション映画「この世界の片隅に」_d0337795_12364584.jpg
「この世界の片隅に」フランス版ポスター
















by fct-nhm | 2019-09-04 08:04 | MOVIE | Comments(0)