カテゴリ:MOVIE( 34 )

レディバード

LILOスタイリストERIです。

2017年公開の「レディバード」

レディバード_d0337795_13273782.jpeg

監督、脚本を手掛けたグレタ・ガーウィグの自伝的な映画でもある今作。

田舎から飛び出したい主人公、通称レディバードとその母の物語りです。

誰もが共感する青春の恥ずかしく苦い経験に、笑えて、泣けて、うなずける。大人になる前の思春期を痛々しくもリアルに描かれた作品です。

娘として観て、母になって改めて観て、こんなにも自分の心情が違うのかと驚かされました。

特筆すべきはヒロインのヘアスタイル。切りっぱなしボブにくせ毛風のウェーブ、赤みのあるピンクヘアは映画史に残る可愛いさです!

ファッションやインテリアも彼女を投影したようなチャーミングなものばかりで楽しめます。


レディバード_d0337795_13481478.jpeg


by fct-nhm | 2020-07-15 13:24 | MOVIE | Comments(0)

パーフェクトレボリューション

LILO店長MARUです。オススメ映画をご紹介します。
「パーフェクトレボリューション」
休日のステイホーム、もう1回観たいと思っていたいけどなかなか時間がなくて観れていない映画をたくさん観る事ができました。過去に観た映画で、強烈に印象に残っている映画ってたくさんあると思いますが、この映画もそういう映画の中の1つです。
パーフェクトレボリューション_d0337795_20512779.jpg
私の大好きな俳優さん一人リリーフランキー
リリーフランキーが出ている映画をみつけると大体観るのですが、この映画を観たきっかけの一つに、清野菜名さんの根元が伸びたボサボサっぽいピンクヘアがすごくカワイかったため。ちなみに眉もピンク。
主題歌は銀杏BOYZのBABY BABY 。色づかいもとても可愛い映画です。
音楽的にもテンション上がりました。深いテーマな部分もありますがポップで元気になれる映画ですのでオススメします。
パーフェクトレボリューション_d0337795_20513399.jpg


by fct-nhm | 2020-06-05 21:19 | MOVIE | Comments(0)

アニメーション映画「おおかみこどもの雨と雪」

LILOのアシスタントのAKARIです。
今回は私の大好きな映画「おおかみこどもの雨と雪」を紹介したいと思います。
この映画は細田守監督シリーズの作品で2012年に公開された映画です。
アニメーション映画「おおかみこどもの雨と雪」_d0337795_13521446.jpeg


主人公の花がおおかみ男と出会い。恋に落ちて2人の子供を産み、育てていく物語です。
その子供たちはおおかみの血を引く子供でした。。。
子供たちが成長していく中で花の必死な姿や、子供たちがこれからの人生で選択をしなければならない時
母として子供たちを見守る姿は涙なくしては見られません!

私も二児の母になって見ると共感できる部分がたくさんあり、勇気をもらえて心温まる作品でした。

みなさんも是非ご覧になってみてください。


by fct-nhm | 2020-03-24 13:55 | MOVIE | Comments(0)

パラサイト 半地下の家族

LILO店長のMARUです。
先日、やっと観に行けた映画「パラサイト 半地下の家族」
2019年カンヌ国際映画祭で韓国映画初のパルムドールを受賞した、ポン・ジュノ監督の作品というので
気になっていた映画。
パラサイト 半地下の家族_d0337795_17492239.jpeg
公開中なので内容は言えませんが、個人的に最近見た映画の中で1番衝撃が走った映画でした。
韓国の格差社会、自分の知らない世界、でも世界の色んな国が直面している社会問題を
引き込まれる世界観でストーリーが進んでいきました。ブラックコメディだけどサスペンス的要素もあり、
センスのいい映画だと思います。
 
パラサイト 半地下の家族_d0337795_17585735.jpeg
カメラの構図、カメラワークにも線を上手く使って格差を表現しているので、そこも注目して観ると面白いと思います。












by fct-nhm | 2020-02-10 18:20 | MOVIE | Comments(0)

70年代の青春映画「あの頃のペニー・レインと」A most Famous

FACTORY spacelab. STAFFのKONDOです。

師走ですね。毎日パタパタ忙しく過ごしております。
日が暮れるのも早くなり、お家時間が長くなった方も多いのではないでしょうか?
自宅でのリラックスタイム、皆さん何をして過ごしますか?
私は映画を観る事が多いです◎
それもお気に入りの映画を何度も何度も観て楽しんでいます。
何度も見返したくなる程、お気に入りの映画はありますか?

そこで10回以上見返しているお気に入りの映画をご紹介!
「あの頃のペニー・レインと」A moust Famous
エルトン・ジョンのTiny Dancerを聴きならが書いております。。
公開から20年近く経った今も根強く映画ファンをつかんで離しません◎

なんとこの映画、監督のキャメロン・クロウが自身の体験をもとに脚本を描かれています。たった15歳にして音楽雑誌ローリングストーン誌のライターとして、70年代のロックバンドのツアーに同行することになった実体験を元にした青春映画。淡い恋模様も見どころの一つです◎
ロックバンドやペニーの名セリフ、ファッションも含めて、この映画の世界観に引き込まれます。。また観たくなってきました(笑)あえてストーリーについては詳しくは書きません。実際にご自身の目で確かめてみてくださいね^^

70年代の青春映画「あの頃のペニー・レインと」A most Famous_d0337795_11513433.jpeg





by fct-nhm | 2019-12-15 10:57 | MOVIE | Comments(0)

映画「ジョーカー」

LILOスタイリストERIです。先日映画「ジョーカー」を観に行ってきたのでご紹介します。公開がずっと待ち遠しかったこの作品。
映画「ジョーカー」_d0337795_16322422.jpeg

沢山の名優が演じてきたジョーカーですが、今作は今までのアメコミ要素なものとは違い、新たな解釈を混じえた物語となっています。70.80年代の時代背景に、社会の怒りや悲しみが投影されたジョーカーを演じるのはホアキン フェニックス。 骨と皮だけの腕や背筋、繊細な動き、全てが役をすみずみまで体現していて演じるという概念を超えるものがありました。一見の価値ありです。

またロバート デニーロがコメディスターとして出演しているのも、映画ファンにとってはたまらないキャスティングでした。

鑑賞後は壮絶な余韻にどっぷりと浸れます。 絶賛公開中なのでこの機会に是非!









by fct-nhm | 2019-10-30 16:27 | MOVIE | Comments(0)

移り行く時代に残したいアニメーション映画「この世界の片隅に」

LITHIUMアシスタント、SENBAです。
今回ご紹介する映画は「この 世界の 片隅に」というアニメーション映画です。

日本で2016年に上映されてから、世界でも次々と上映されている事もあり、
既に、TVや映画館で見られた方も沢山いらっしゃると思います。

昭和19年(1944年)日本が戦争真っ只中にあった頃のお話です。

広島県呉に18歳で嫁いだ『すず』と夫『周作』がその家族に囲まれて、新たな生活を初める物語です。
戦況が悪化し、困難を極めるがすずは工夫を重ね日々の暮らしを紡いでいきます。

戦争が劇化していくうちに、大切なモノを失い、見失いそうになりながらも懸命に生きていく、すずや周りの人達を画いています。

今作には、心を打たれ、深く考えることができ、家族や友人達ともこの映画について話をしました。

原作には、まだまだ魅力的なエピソードがあり、すずさんだけではない「さらにいくつもの人生」を描き足した映画が、
今冬2019年12月に公開されます。

大切な方とご覧なってはいかがでしょうか。
移り行く時代に残したいアニメーション映画「この世界の片隅に」_d0337795_12364584.jpg
「この世界の片隅に」フランス版ポスター
















by fct-nhm | 2019-09-04 08:04 | MOVIE | Comments(0)

ゾンビ映画「キツツキと雨」

lokkiスタイリストのRISAです。
最近話題になったゾンビ映画といえば「カメラを止めるな!」ですが、私が紹介するゾンビ映画は沖田修一監督「キツツキと雨」です。のどかな山村を舞台に60歳の無骨なキコリとゾンビ映画の新人監督の青年との交流から生まれるドラマをコミカルに描いた、ほっこり温かい気持ちになれる映画です。
昔気質の職人と最近の青年という、生活や価値観が全く違う二人が出会い、不器用ながらも次第に歩み寄り尊重し合うかていがうるさくなく丁寧に描かれていて、良い雰囲気です。




打ち解け合う事で、お互いやその周囲へと広がるポジティブな影響と終盤での盛り上がりからのスッキリ感が最高にハートフルな映画です。

認め合うことで起こるプラシーボ効果の凄さ、皆でなしとげる事の楽しさを感じます。
美容業界でもこれから新しい感覚を持った美容師がたくさん出てくると思います。その後輩達と一緒に長く楽しく働く事が私の目標です。

ちなみに映画の主題歌は星野源の「フィルム」‼︎作品にぴったりです。






by fct-nhm | 2019-07-10 08:53 | MOVIE | Comments(0)

2016年公開「oasis : supersonic 」

LILOスタイリストのERIです。

先週ノエルギャラガーが4年ぶりに来日公演して話題になりましたが、そんな今こそオススメの映画!

2016年公開「oasis : supersonic

2016年公開「oasis : supersonic 」_d0337795_00322094.jpeg

2009年に解散したイギリスのロックバンドoasisの結成から軌跡を追ったドキュメンタリー映画です。

誰もが一度は耳にしたことのある名曲の数々が生まれた裏側を、当時を振り返ってメンバー達が赤裸々に語ってくれています。

バンドの中心であるギャラガー兄弟リアムとノエルが製作総指揮で作られたこの作品。めちゃくちゃ仲悪い2人ですが、仲の良い貴重な映像も見られます。

ファンの人もそうじゃない人も、彼らのファッキンスピリットから何かを感じてみてください!






by fct-nhm | 2019-05-25 00:34 | MOVIE | Comments(0)

色あせない名作映画~「魔女の宅急便」

レセプショニストのSHIRAISHIです。
幅広い世代に愛される宮崎駿監督作品の中で1989年公開の「魔女の宅急便」をご紹介したいと思います。
公開からすでに30年経とうとしている作品。
まず細かなタッチで描かれている美しい風景に癒され、主人公の13歳の魔女キキの旅立ち、そして新しい地で出会う人たちの優しさに救われて、親もとを離れてたくましく成長していく様子は、観るたびに温かい気持ちにさせてくれます。
黒猫ジジくんも名脇役。FACTORYサロンすべての店舗のどこかにもひょっこりいますので、見つけてみてくださいね♪
時には、キキを見送る両親の気持ちにぐっときたり、スランプ状態のキキに思いを重ねてみたり、ある時はパン屋のおかみさんのような優しさが身にしみたりと、人生の色々な場面で重なる思いがきっとあると思います。
順調でない時も、きっと親身になってくれる存在がいる。そしてあきらめずに勇気を出して前を向くこと、そんな背中を押してくれる映画です。
新学期そして新元号もスタートするこの春、ぜひオススメします。

色あせない名作映画~「魔女の宅急便」_d0337795_14383130.jpg



by fct-nhm | 2019-03-25 08:30 | MOVIE | Comments(0)