移り行く時代に残したいアニメーション映画「この世界の片隅に」

LITHIUMアシスタント、SENBAです。
今回ご紹介する映画は「この 世界の 片隅に」というアニメーション映画です。

日本で2016年に上映されてから、世界でも次々と上映されている事もあり、
既に、TVや映画館で見られた方も沢山いらっしゃると思います。

昭和19年(1944年)日本が戦争真っ只中にあった頃のお話です。

広島県呉に18歳で嫁いだ『すず』と夫『周作』がその家族に囲まれて、新たな生活を初める物語です。
戦況が悪化し、困難を極めるがすずは工夫を重ね日々の暮らしを紡いでいきます。

戦争が劇化していくうちに、大切なモノを失い、見失いそうになりながらも懸命に生きていく、すずや周りの人達を画いています。

今作には、心を打たれ、深く考えることができ、家族や友人達ともこの映画について話をしました。

原作には、まだまだ魅力的なエピソードがあり、すずさんだけではない「さらにいくつもの人生」を描き足した映画が、
今冬2019年12月に公開されます。

大切な方とご覧なってはいかがでしょうか。
移り行く時代に残したいアニメーション映画「この世界の片隅に」_d0337795_12364584.jpg
「この世界の片隅に」フランス版ポスター
















by fct-nhm | 2019-09-04 08:04 | MOVIE | Comments(0)
<< RADWIMPS オススメBOOK キネマの神様  >>