高知県高知市帯広町1丁目 ミニシアター「ウィークエンド キネマ M」

LILOスタイリストのYUKAです。 

去年の10月7日に高知市内にOPENした映画館で、女優の安藤サクラさんの姉で映画監督の安藤桃子さんが企画・運営をしています。
市内の帯広町1丁目にある「おびさんロード」にある雑居ビルの1階にあり、席数は57席。味のある、とても素敵な映画館でした。
安藤桃子さんが2013年に妹さんを主演で撮った「0,5ミリ」を高知で撮影したことがきっかけで高知に移住し、2004年に廃館になった高知東映の存在を知り、復館できないものかと思いを強くしたそうです。
安藤さんの目標は高知の映画人口を増やすこと、映画をきっかけに街が賑わいを取り戻せたらと頑張っておられます。こんな方が自分が住む街にいてくれたらとても心強いですね。

私は、「リトル・ダンサー」を見ました。一度見てる映画でしたが、やっぱり映画館で見るのはとても良かったです。今は、「希望の彼方」、「ニワトリ★スター」、「ドリス・ヴァン・ノッテン ファブリックと花を愛する男」が上映されてます。ここの映画館は、飲食物の持ち込みが可能だったので、売店で買うもよし、近くの商店街をブラブラ楽しみながら購入するのもいいかもしれません。
今の所、来年いっぱいの期間限定みたいなので是非高知へ足を運んでみて下さい。






d0337795_09441104.jpg




d0337795_09441733.jpg




d0337795_09440256.jpg


















[PR]
by fct-nhm | 2018-04-17 10:00 | スポット | Comments(0)
<< 癖毛をいかしたマッシュショート 愛媛県松山市 MUSTAKIV... >>