ヘアドネーション

LILOのYUKAです。
先週の金曜日にNHKの、にっぽん紀行というドキュメンタリー番組で「髪がつなぐ物語 〜大阪 梅田〜」という特集をしていました。実際にヘアドネーションに参加した柴咲コウさんがナレーションで出演していました。
一美容師として知らなかった事が恥ずかしく、素直に素敵な活動だなと感銘を受けたのでブログに書きたいなと思います。

ヘアドネーションとは髪の毛の寄付の事です。
寄付された髪の毛でウィッグ(かつら)を作り、病気などで髪に悩む18歳以下の子供達に無償でウィッグを提供している活動の事。
100%人毛のフルオーダーメイドで1人1人に合ったサイズでウィッグを作りプレゼントしています。
この活動の拠点となる美容室が大阪の梅田にあり、髪で悩んでる子供達を少しでも笑顔にしたいとこの活動に賛同する全国各地の人達から連日たくさんの髪の毛が送られてくるそうです。

ロングヘアをばっさり短くする時に31センチ長さがあれば寄付できます。
31センチに満たない髪の毛でも、化粧品や医薬品の研究開発やヘアカラー剤の実験に使えたりと有効に役立てれるそうで、そういったところに転売しウィッグの製作資金に充てる事ができます。
ウィッグ1体を作るには、およそ30人分の髪の毛が必要だそう。
今まで髪の毛をばっさりカットしてもそのまま廃棄しているのが現状です。今まで捨てられていた物が、誰かのためになる、役に立てるって素敵な事だなと思いました。  

子供用のウィッグというと選択肢が本当に少ないのが現状らしく、成長過程にある子供達の頭のサイズに合わせるのが難しいので価格も高騰し、デザインも少なく取り扱い店も限られるので、なかなか手に入りにくく悩んでいる子供達が多いようです。

女優の水野美紀さんや柴咲コウさんも髪をばっさり切る時にヘアドネーションをし、そこから沢山の人に知ってもらう事ができこの活動が前よりも注目されたそうです。

番組の中で、髪を送る人、送られる人の気持ちがたくさん伝わってきて、私も美容師として少しでも力になれたらいいなと思いました。
ばっさりイメチェンを考えてる方で興味のある方がいれば、声をかけて下さい。

ヘアドネーション_d0337795_20355829.jpg

ヘアドネーション_d0337795_20354584.jpg
                          画像はにっぽん紀行HPより。














by fct-nhm | 2016-04-01 20:59 | カミノハナシ | Comments(0)
<< ナノアミノシャンプー&トリートメント 2016/3 W.COLOR >>