なぜ縮毛矯正をしていると、パーマがかかりにくいのか

LILOのRYOKOです。

縮毛矯正をした後に、スタイルチェンジをしたいからパーマをかけたいという方がたくさんいると思いますが、美容師からは「かかりにくい」 、「かかったとしてもなかなか思い通りのパーマにならない場合があります」と言われる事が多いと思います。

それはなぜかというと、、
縮毛矯正は1液と呼ばれるお薬で髪の中の結合を破壊し、そこにストレートアイロンの高熱でしっかりまっすぐにしていきます。最後に2液とよばれるお薬で結合させていきます。施術した部分の髪は半永久的にストレートになります。 そのため、ゆるめのウェーブをかけたとしても、まっすぐに戻ろうとする力が強く、だれたり、かかりにくかったりと思った通りのパーマがかからないのです。




なぜ縮毛矯正をしていると、パーマがかかりにくいのか_d0337795_1541394.jpg


このピンピンのストレート感、懐かしいですね。


あ、でも、やっぱりストレートに飽きてきた、でもコテではうまく巻けない、、その時は一度スタイリストに相談してくださいね♪



by fct-nhm | 2015-11-26 15:50 | カミノハナシ | Comments(0)
<< 頭皮のケア✳︎✳︎ バング!バング!バング! >>